『日本語/日本語教育研究[5]2014』


各論文を無料ダウンロードできます。

▷各論文への編者コメント

【巻頭論文】

コーパスを活用した日本語教師のための類似表現調査法

砂川有里子 



【投稿論文】

上級学習者のテイル形使用にみられる問題点--文法指導の隙間

高梨信乃 


設定時点が未来の「効力持続」――未来まで広がる「ている」の用法について

江田すみれ 


知覚・思考・判断・意志を表す「文末名詞文」の使用実態――コロケーションから文型へ

澤田浩子 


可能を表す「見える「見られる」の用法別使用傾向――コーパスに見る母語話者と非母語話者の使用の異なり

森敦子 


「しよう」の意味・用法――〈非難〉・〈願望表出〉の「しようよ」

山下由美子 


聞き手配慮要素からみた超級日本語話者の発話の特徴

宮永愛子・松田真希子 


書き言葉における談話と文法の一考察――項の形式・文法関係・意味の相互関係から

久好孝子 


疑問形式による改善要求表現の日中対照――話者と事態との関わり方から

李国玲 


トルとモツの意味分析――「手にする」と「自分のものにする」の意味概念を中心に

ミースワン モンシチャー 


新聞の中の混種語の使用実態からの一考察――語種構成の視点から

時岡範子 


中国人日本語学習者における複合動詞の習得――文産出に見られる誤用およびフォローアップ調査をもとに

金蘭 


ビジネス場面に見る敬意表現の使用傾向――日本語母語話者と台湾人日本語学習者の比較

喬曉筠 


対面接触場面における調整行動――台湾人日本語学習者と日本語母語話者の会話より

施信余 


レジュメ表現から口頭表現への置き換えの必要性――日本語学習者による学術的発表のために

居關友里子 


能動的読みへの気づきと意識化に重点を置いた速読学習――読みの速度と深さを同時に向上させる条件

今村和宏 


高等学校における韓国人留学生の実質的でない発話への気づきを促す授業――談話分析を利用して

高岸美代子 


日本語ボランティア向け研修の実践検証からの提案――整合性を備えた構成と省察を取り入れることの重要性

遠藤知佐 


日本語を使用する場としての教室での内化を考える――オーストラリアの大学の初級日本語授業の分析

大原哲史・トムソン木下千尋 



【特別記事】

[連載]博士課程生活講座! ~茂木さんに聞いてみよう~

第1回 「全体」を見るトレーニングをしよう

茂木俊伸


[企画]大学院生にぜひ、おすすめしたいクラシック

大学院生応援企画「ビブリオバトル」(2014年3月17日開催)より

バックナンバー

『日本語/日本語教育研究 [10]2019』


『日本語/日本語教育研究 [9]2018』


『日本語/日本語教育研究 [8]2017』


『日本語/日本語教育研究 [7]2016』


『日本語/日本語教育研究 [6]2015』


『日本語/日本語教育研究 [5]2014』


『日本語/日本語教育研究 [4]2013』


『日本語/日本語教育研究 [3]2012』


『日本語/日本語教育研究 [2]2011』


『日本語/日本語教育研究 [1]2010』

日本語/日本語教育研究会 事務局

〒162-0828 東京都新宿区袋町25-30-107 株式会社ココ出版内

©2009 日本語・日本語教育研究会 All rights reserved.