シリーズ 日本語教育学の新潮流

日本語教育学の新潮流

第二言語によるパラフレーズと日本語教育

鎌田美千子 著

本書は、第二言語としての日本語によるアカデミック・ライティング教育の基礎研究の一つとして、留学生のパラフレーズ(言い換え・書き換え)に注目し、問題点とその要因の解明を目指したものである。今後の留学生に対するアカデミック・ライティング教育を展開するための新しい視座を提示する。

日本語教育学の新潮流

文脈をえがく : 運用力につながる文法記述の理念と方法

太田陽子 著

「日本語教育文法」について検証し、コミュニケーション能力育成に資する文法記述のあり方を探る。モダリティ表現の「ハズダ」を例に、これまでの文法説明や文型指導に欠けていた「文脈」という観点の重要性を示し、教育に役立つ文法記述の方法を提案する。

日本語教育学の新潮流

日本語教育における評価と「実践研究」: 対話的アセスメント : 価値の衝突と共有のプロセス

市嶋典子 著

日本語教育の分野において評価研究と実践研究がどのように行われてきたのか、過去の文献を詳細に調査し、その問題点を浮き彫りにする。その上で、自身の教育実践を示し、「対話的アセスメント」という新たな評価の概念とアプローチを提起する。

日本語教育学の新潮流

「非母語話者の日本語」は、どのように評価されているか : 評価プロセスの多様性をとらえることの意義

宇佐美洋 著

外国人の書いた「謝罪文」に対する日本人の「評価」を調査し、日本人が、外国人の日本語に対して、どのような印象を抱き、価値判断を行っているのか、そのプロセスをモデル化して提示する。

日本語教育学の新潮流

「序列の接続表現」に関する実証的研究 : 日中両言語話者による日本語作文の比較から

黄明侠 著

中国語を母語とする日本語学習者が書いた説明文と意見文に出現する序列の接続表現を分析し、その特徴と問題点を、日本語母語話者との比較の中で考察した一冊。

日本語教育学の新潮流

子どもたちはいつ日本語を学ぶのか : 複数言語環境を生きる子どもへの教育

尾関史 著

複数の言語や文化の中で育つ子どもたちは、複数のことばをどのように捉え、どのように学ぶのか。そして、その過程でどのようなアイデンティティを形成しながら成長していくのか。本書ではこれらの問いに答えつつ、複数言語環境を生きる子どもたちへの「ことばの教育」を再考する。

日本語教育学の新潮流

第二言語習得における言語適性の役割

向山陽子 著

Skehanの主張に基づき、言語分析能力、音韻的短期記憶、ワーキングメモリの3つの適性要素が、第二言語としての日本語学習に与える影響を縦断的に検討した結果をまとめた研究書。

日本語教育学の新潮流

「だから」の語用論 : テクスト構成的機能から対人関係的機能へ

萩原孝恵 著

「だから」について、その機能体系と運用ルールを詳らかにした良書。テクストの論理性を導くとされてきた「接続詞」が、実際の使用に際しては「人間関係」という指標が軸になっていることが明らかになる。

日本語教育学の新潮流

グローバリゼーションと日本語教育政策 : アイデンティティとユニバーサリティの相克から公共性への収斂

嘉数勝美 著

多言語・多文化化する日本社会の中で、日本語教育政策は、どのような思想・哲学に基づき、何を志向していくべきなのか。「グローバリゼーション」、「ユニバーサリティ」「アイデンティティ」「公共性」などをキーワードに、その答えを提示する。

日本語教育学の新潮流

日本語教師の「意味世界」 : オーストラリアの子どもに教える教師たちのライフストーリー

太田裕子 著

日本語教師の「実践」の背景にある「意味づけの総体」を、ライフストーリー分析により明らかにしていく。多文化主義を標榜するオーストラリアにおける言語教育政策の課題を浮き彫りにした意欲的な論考である。

タイトルとURLをコピーしました