好評

中華世界におけるCEFRの受容と文脈化


書名中華世界におけるCEFRの受容と文脈化
編著者程遠巍 著
定価3600円+税
ISBN978-4-904595-89-3
発行日2017年3月13日刊行
その他A5判 上製 192頁

紹介文

中国や台湾において、CEFRがどのように受け入れられたかを詳らかにする。CEFRの基盤となっている複言語・複文化主義の理念が浸透せずに、 形式的な面のみが受容されている現状に警鐘を鳴らし、同じ東アジアに位置する日本におけるCEFRの受容についても示唆を与える。

目次

まえがき 言語教育政策研究のために 西山教行

序 本書はなぜ中国と台湾に焦点を当てるのか
 1 はじめに
 2 日本の教育制度における外国語
 3 中国の教育制度における外国語
 4 本書の構成

第1章 CEFRの文脈化の必要性
 1 はじめに
 2 CEFRの受容と文脈化
 3 中国とフランスにおけるCEFRの受容と文脈化
  3.1 教育文化の定義
  3.2 中国における外国語教育への活用
  3.3 フランスにおける中国語教育への活用

第2章 欧州言語教育政策とCEFR
 1 はじめに
 2 欧州統合とEUの言語政策
  2.1 欧州統合の歩み
  2.2 EUの言語政策
  2.3 言語教育に関するプログラム
  2.4 ボローニャ宣言(Bologna declaration)とヨーロッパ高等教育圏(European area of higher education)
  2.5 リスボン戦略(Lisbon Strategy)とその他の動き
 3 欧州評議会とその言語教育政策
  3.1 欧州文化協定
  3.2 1963年から1988年のプロジェクト : 応用言語学からThreshold Levelまで
  3.3 コミュニカティブ教育から複言語主義まで : 1990年代の言語政策
  3.4 複言語教育と異文化間教育に向けて(2001/2002–2014)
 4 ヨーロッパの複言語・複文化主義
  4.1 CEFRまでの複言語・複文化主義
  4.2 CEFRの概要
  4.3 CEFR以降の複言語・複文化主義
 5 結論

第3章 中国におけるCEFRの受容と文脈化
 1 はじめに
 2 中国におけるCEFRの導入
  2.1 CEFRの紹介
  2.2 CEFRの活用/
 3 CEFRの受容に至る歴史的背景と問題点
  3.1 共通参照レベルのみの活用
  3.2 CEFRの文脈化の実態
 4 西洋思想の移入と「中華民族」概念の変容
  4.1 西洋思想の移入
  4.2 「漢語틈音方案」
  4.3 「中華民族」概念の変容
  4.4 「普通話」の推進
 5 孔子学院からみた中国の対外言語政策
  5.1 中国の対外言語教育政策
  5.2 孔子学院の設立経緯
  5.3 孔子学院の役割
 6 結論

第4章 台湾におけるCEFRの受容と文脈化
 1 はじめに
 2 台湾におけるCEFRの導入
  2.1 CEFRの紹介
 3 CEFRの活用
  3.1 英語教育への活用
  3.2 中国語教育と台湾語検定試験への活用
  3.3 第2外国語教育への活用1
 4 多言語・多文化社会への変容
  4.1 CEFRの台湾語への活用に至る歴史的背景1
  4.2 郷土言語教育の展開1
 5 CEFRの受容の問題点
 6 結論

第5章 CEFRとアメリカ型「スタンダード」
 1 はじめに
 2 「スタンダード」とは何か
  2.1 日本語・英語・フランス語における「スタンダード」の意味
  2.2 アメリカ型「スタンダード」の成立の経緯 : アメリカの教育改革
  2.3 アメリカ型「スタンダード」の特徴 : アカウンタビリティをめぐって
  2.4 アメリカ型「スタンダード」の教育観
 3 CEFRはアメリカ型「スタンダード」か
 4 アメリカ型「スタンダード」と教育の市場化
  4.1 中国と台湾におけるCEFRの受容とアメリカ型「スタンダード」
  4.2 アメリカ型「スタンダード」と中国における教育の市場化
 5 CEFRがアメリカ型「スタンダード」として活用された場合に引き起こした問題
 6 結論

第6章 日本における外国語教育への提言
結論

ご購入はこちらから

Amazon 凡人社 そうがく社 にほんごブックス 大谷書店
その他、全国の書店にてご注文いただけます。

書店様へ
各取次へは、日本出版貿易を経由して搬入可能です。

タイトルとURLをコピーしました