一橋日本語教育研究

一橋日本語教育研究 1号


書名一橋日本語教育研究 1号
編著者一橋日本語教育研究会 編
定価2640円(税込)
ISBN978-4-904595-25-1
発行日2012年7月26日刊行
その他A4判 並製 90頁

紹介文

一橋日本語教育研究会の研究会誌。
一橋日本語教育研究会とは、一橋大学大学院言語社会研究科第2部門に所属する現役学生、修了生および、教員を中心とした研究会で、2012年に設立された。
年一回刊行。

目次

日本語教育文法の現状と課題 庵 功雄
論述文における”(是)……的”構文と「ノダ」文の機能 劉 洋
日本語の疑い表現「やら」の意味と用法:中国語の疑い表現との対照を兼ねて 丁 寧
日本語学習の選択動機に関する一考察 : 中東の日本語学習者と日本語学習者の比較から 根本 愛子
コーパスにおける「たぶん」「おそらく」の使用傾向の分析 前坊 香菜子
現代日本語における家族に呼びかける際の呼称表現:世代差と性差を中心に  セバフリバディ・アザム
素材敬語の対者敬語化の検証:高校生と大学生に対するアンケート調査をもとに 中川 勇也

ご購入はこちらから

Amazon 凡人社 そうがく社 にほんごブックス 大谷書店
その他、全国の書店にてご注文いただけます。

書店様へ
各取次へは、日本出版貿易を経由して搬入可能です。

タイトルとURLをコピーしました