言語教育実践 イマ×ココ

言語教育実践 イマ×ココ[No.9]:現場(イマ×ココ)の実践を記す・実践を伝える・実践から学ぶ


書名言語教育実践 イマ×ココ[No.9]
現場(イマ×ココ)の実践を記す・実践を伝える・実践から学ぶ
編著者イマ×ココ編集委員会 編
定価1,320円(税込)
ISBN978-4-86676-038-4
発行日2021年12月31日刊行
その他B5判 並製 108頁

紹介文

『イマ×ココ』は、言語教育における実践の共有をめざす雑誌(年刊)です。現場の実践を丸ごと記し・伝えること、それを共有し、それぞれの眼差しで意味づけることで、実践をより豊かで多様なものに変えていくことができる、という信念の下に『イマ× ココ』は生まれました。

本号はその第9号です。今号の特集は、コロナ禍における身体性の再発見です。巻頭のAgoraでは心理学者の茂呂雄二氏へのインタビューと、齋藤ひろみ氏、金田智子氏、河野俊之氏の原稿を収録。さらに3つのカテゴリー(実践のアイディア・リソース、実践紹介、実践報告)への投稿原稿とコラムを掲載しています。

イマ×ココHP
https://www.cocopb.com/imacoco/home.html

目次

第9号刊行にあたって/金田智子

【特集】
コロナ禍における身体性の再発見

Agora 1
パフォーマンス心理学と日本語教育

 ──コロナ禍の中で見直す言葉の教育/語り手:茂呂雄二 聞き手:金田智子・河野俊之・齋藤ひろみ・浜田麻里

Agora 2-1
時空を超える身体性
 ──ことばとともに経験を共有し創造を生み出す/齋藤ひろみ

Agora 2-2
「手書き」についての迷い/金田智子

Agora 2-3
今の自分とは異なる人物に成る実践/河野俊之

〈実践アイディア・リソース〉
POAによるビジネス日本語教育の実践
 ──学習動機を高め、言語運用能力を伸ばすために/田鴻儒

遠隔授業を受ける学生のための「場」づくり
 ──SpatialChatを使ったクラス親睦会の試み/瀬戸彩子

〈実践紹介〉
既習項目復習のための娯楽性を備えた日本語映像教材の開発

 ──留学生・日本語母語話者学生・教師の協働実践/宿利由希子・小柴裕子・住田哲郎

テキストの解釈の違いを生んだ経験を話し合う活動
 ──中上級学習者を対象とした読解の実践から/内山喜代成

自身にとっての日本語学習の意味を考える
 ──「わたしと日本語」をテーマに卒業文集を作る実践を通して/上原龍彦

〈実践報告〉
伝統芸能「紙切り」を題材にした異なる4つの実践

 ──オンラインでの体験的な学びに焦点を当てて/米本和弘・濵田典子・高井美穂・水野亜紀子・加村彩・長谷川優子・葛西順子・北川利彦

オランダの大学における内容重視の日本語コースの試み
 ──言語教師とコンテント教師の協働を通して/鴛海芙美

学生同士がオーセンティックに学び合う日本語短期集中プログラムを目指して
 ──日本の新旧ポップカルチャーをメインテーマに/黒田史彦・大森優

教育観を語り合う場としてのオンライン授業の試み
 ──海外日本語教師研修におけることわざに関する日本語授業/長坂水晶・生田守

つくって学ぶ就労者に対するコースデザイン
 ──オンラインによる「就労者に対する日本語教師初任者研修」の実践から/平山智之 ・徳増紀子・浅見惠子

〈コラム〉
ぼやきを宝にかえる/小河原義朗

ご購入はこちらから

Amazon 凡人社 そうがく社 にほんごブックス 大谷書店
その他、全国の書店にてご注文いただけます。

書店様へ
各取次へは、日本出版貿易を経由して搬入可能です。

タイトルとURLをコピーしました