日本語教育学の新潮流

「非母語話者の日本語」は、どのように評価されているか : 評価プロセスの多様性をとらえることの意義


シリーズ日本語教育学の新潮流 7
書名「非母語話者の日本語」は、どのように評価されているか
評価プロセスの多様性をとらえることの意義
編著者宇佐美洋 著
定価4,400円(税込)
ISBN978-4-904595-41-1
発行日2014年2月23日刊行
その他A5判 上製 392頁

紹介文

日本人は外国人の使う日本語をどのように「評価」するのか。本書は、外国人の書いた「謝罪文」に対する日本人の「評価」を調査している。「一般の日本人」は、外国人の日本語に対して、どのような印象を抱き、価値判断を行っていくのか、そのプロセスをモデル化する。この「評価プロセスモデル」を利用し、「日本人の話す日本語」とは異なる「日本語」に対する意識変革を促すのが本書のねらいである。日本で暮らす外国人とのコミュニケーションについて、日本人1人ひとりにクリティカルな問い直しを迫る好著。

目次

第1章 序論
第2章 先行研究
第3章 作文データ収集と、予備調査としての質的調査
第4章 評価観点を探る量的調査と、評価者グルーピング
第5章 質的調査概要
第6章 評価プロセスのプロトコル分析(コード設定)
第7章 評価プロセスのプロトコル分析(コード集計)
第8章 PAC 分析による、個人の評価プロセスの掘り下げ
第9章 評価プロセスモデル論
第10章 総括と今後の課題

ご購入はこちらから

Amazon 凡人社 そうがく社 にほんごブックス 大谷書店
その他、全国の書店にてご注文いただけます。

書店様へ
各取次へは、日本出版貿易を経由して搬入可能です。

タイトルとURLをコピーしました