実践持ち寄り会について


問い合わせ先

Email: mochiyori@cocopb.com



 
 

16回 2016年8月

  1. 箇条書き項目ブースセッション

1 LGBTに焦点化した日本語教育:性をめぐる連続授業の一環として

   萩原秀樹(インターカルト日本語学校)

2 中国語を母語とする日本語学習者への漢字指導の試み:

   気づきを通した学びのある教室の実現を目指して

   前原かおる・渡部みなほ・藤田朋世・猪股来未・増田真理子

  (東京大学日本語教育センター)

3 映像を活用した日本語授業の実践

   村松佑紀(横浜システム工学院専門学校)

  1. 箇条書き項目実践交流


15回 2016年3月

  1. 箇条書き項目ブースセッション

1 学習者が互いのリソースとなる授業実践

   中山由佳(早稲田大学日本語教育研究センター/津田塾大学英文学科)

2 理科映像教材を題材にした「ドラゴンボール・プロジェクト」 :

   英語で得た知識を日本語でまとめるスキルを学ぶ授業実践

   藤川美穂・清水恭平(アメラジアンスクール・イン・オキナワ

3 地域の年少者日本語教室におけるグループ学習「“笑点”をつくる」

   濱久保美幸(東京学芸大学教育学研究科院生)

  1. 箇条書き項目実践交流


14回 2015年9月

  1. 箇条書き項目取り組みと実例紹介

「教師の学び合いコミュニティは、いかに作られるか

 ~アクラス会員企画「実践持ち寄り会」を通して~」

 1.「実践の共有」って楽しい!~「学びの共同体」をめざして~

  (嶋田和子 アクラス日本語教育研究所)

 2.「著者との対話」から「インターアクション教育実践を考える会」へ

  (武田誠 早稲田大学日本語教育研究センター)

  1. 箇条書き項目実践交流


13回 2015年3月

  1. 箇条書き項目実践報告 (ブースセッション形式)

[実践1]

 日本語適応教室における3年国語科実践「ちいちゃんのかげおくり」

[実践2]

 外国につながる高校生のキャリア支援「大学に行ってみようプロジェクト」 

[実践3]

 大学生の日本語学習支援活動を支援する

  1. 箇条書き項目実践交流


12回 2014年11月

  1. 箇条書き項目実践報告

「「生活のための日本語」教室の報告」

(わくわくとしま日本語教室スタッフ)

  1. 箇条書き項目実践交流

  2. 箇条書き項目ディスカッション

「どのように実践を振り返り、共有するのか」

10回 2014年3月

  1. 箇条書き項目実践報告

「日々の実践の中の難かしさと向き合って:外国人介護人材(EPA)担当の体験から」(野村愛)

  1. 箇条書き項目ラウンドテーブル:実践報告について

  2. 箇条書き項目実践交流

9回 2013年12月

ラウンドテーブル

「教育・支援の実践を共有することで、現場はどう変わり得るのか—多言語環境で生きる成人学習者と子どもへの日本語教育の場合」

(司会:浜田麻里 京都教育大学)

  1. 箇条書き項目報告1

「第8回実践持ち寄り会開催を経験して」

(小河原義朗 北海道大学)

  1. 箇条書き項目報告2

「子どもへの支援と支援者間の実践の共有」

(服部珠予 日本語・学習支援員)

  1. 箇条書き項目発題

「『実践を共有する』とはどういうことか」

(河野俊之 横浜国立大学)

8回 2013年8月

  1. 箇条書き項目実践報告

「使いやすさとステップアップを視野に入れた初級漢字教材開発に向けて」(二村 年哉・阿部 仁美 北海道大学留学生センター)

  1. 箇条書き項目ラウンドテーブル:実践報告について


7回 2013年2月

  1. 箇条書き項目報告1

「「いま・ここ」の20年:日本語教育実習の試み」

(林さと子 津田塾大学)

  1. 箇条書き項目報告2

「国際教室:外国につながる児童への役割」

(井本宏美 横浜国立大学大学院 元・横浜市立潮田小学校教諭)

  1. 箇条書き項目ラウンドテーブル:実践報告について


6回 2012年8月

テーマ:JSL生徒の在籍する中学・高校における教科学習

  1. 箇条書き項目実践報告「『現代文』におけるティーム・ティーチングの実践」

(築山尚美 関東国際高等学校、藤川美穂 関東国際高等学校、学習院大学)


5回 2012年2月

  1. 箇条書き項目「大阪市の外国人定住者への漢字教育の実践」

(御子神慶子 ㈶海外技術者研修協会、グループ四次元ポケット)


4回 2011年8月

テーマ:作文支援システムを媒介とした海外の大学と日本の大学の連携

  1. 箇条書き項目報告1

「学生は何を使ってことばを紡ぎだして行くのか:海外大学院生クラスの実践から」

(佐野香織 ワルシャワ大学)

  1. 箇条書き項目報告2

「日本語教育の世界への第一歩:海外日本語学習者の「作文」を読む」(金田智子 学習院大学)

  1. 箇条書き項目システム説明

(山口昌也 国立国語研究所)


3回 2011年5月

  1. 箇条書き項目「受信と発信を目指す『学びの共同体』:対話型の授業」

(武田緑 文化外国語専門学校)

  1. 箇条書き項目「『船橋 地球っ子プロジェクト』参加ボランティアの相互学習の取り組み」

(浦和かほる 地球っ子プロジェクト)


2回 2010年12月

  1. 箇条書き項目実践報告:大菅佐妃子(京都市総合教育センター研究員)

*「京都地域日本語教育ネットワーク」との共催


1回 2010年9月

テーマ:プロジェクトワーク

  1. 箇条書き項目報告1

「プロジェクトワーク:ドイツトリア大学での実践」

(下羽友幸 トリア大学)

  1. 箇条書き項目報告2

  2. 「プロジェクトワーク:台湾と日本の大学の協同」

(文野峯子 人間環境大学)

    

「実践持ち寄り会」の歩み

*各回の主なテーマと報告者です(敬称略)